view raw

どうしても中国語の四声が覚えられない! 私が実践している爆速四声記憶方法

何回覚えて忘れてしまう中国語の四声

かれこれ中国語を学び始めてから6年くらい経ちますが、全然四声を覚えられません
簡単な漢字の四声はもちろん覚えていますが

少し難しい漢字になると

「ああ これ前に覚えたけど二声だっけ?やっぱ三声だっけ?」

ってなります

そしてうろ覚えのまま話すとやっぱりなかなか通じないんですよね

何度も話すと向こうも頑張って理解しようとしてくれるのでなんとか伝わりますが

最後まで聞いてくれる優しい中国人ばかりではないですからね

記憶は五感を使えばより効果的に覚えられるそうなので
五感を使えるだけ使いましょう(味覚や嗅覚はちょっとどう使えばいいか思いつかないですが)

口で覚える

もう基本中の基本ですが声に出して読みます

何回も発音します

読んだだけで一度も発音したことがない言葉は会話中にも絶対発音できないし
思い出すこともありません。

発音したことを脳が記憶してくれればもうけものです

発音しながら漢字と声調記号を頭でイメージしながら発音することで
少しでも記憶に残るようにしています

手で覚える

紙に書いてもいいし、タイピングをしてもいいですし
とにかく手を動かして四音と記憶を結びつけます

タイピングする時は

由于 yóuyú

とピンインも併せて書きます

一手間をかけて手を動かすことで記憶を定着させるようにしています
何度も四声を確認するのがめんどくさいので必死に覚えるモチベーションになります

書きながら発音してみたり、後述するスマートスピーカーに発音させたりします

耳で覚える

覚えた単語の記憶を耳にも結びつけます

Weblio中国語時点だと例文の箇所に音声出力ボタンがあります

他にも最近だと
手を動かして漢字や四声を書きながら
スマートスピーカに呼びかけます
これが思いの外超便利なのでかなりオススメです

「ok google 中国語で〇〇は何?」

もう「ok google」さえ長くて発音するのが面倒になってきたので
Alexaに変えようか検討中です

手を動かしたり記事を読んでいたりと
別のことをしながらついでに音の確認ができるのが革命的です

目で覚える

私の頭の中ではいろんな漢字が四声と一緒に記憶されています

可視化すると私の頭の中ではこのように四声は漢字の一部の形として認識しています

f:id:travelhacks:20181202104503p:plain

何度も四声を目に焼き付けて漢字の一部として覚えると
かなり記憶に定着します


もうとにかく脳をフル活用して目か口か耳か手か
どこかが記憶してくれればいいので手当たり次第体になじませます

それでもなかなか覚えられないですが。。。。

中国語を覚えるための環境づくりはこちら

www.travelhacks.tokyo