view raw

落とし物を拾って届けた時、持ち主からのお礼をもらう権利を主張するかどうかを選ばないといけないらしい

電車で携帯拾った

携帯を拾ったのは終電の山手線

駅員に届けてる間に電車が出てしまうと嫌なので
自分の最寄駅で届けることにする

終電の山手線とわかっているので時間も特定可能、車両も特定可能
何よりも携帯の場合は携帯会社に照会すれば持ち主の特定もできる

ということで警察に届けることにしました

降車駅の駅事務所でもよかったのかもしれないですが

少しお酒も入っていたこともあって
なぜか「持ち主の特定は駅員じゃ無くて警察じゃないとできないだろう」という考えでした

警察官に拾った iphone を渡すと

警官「謝礼をもらう権利を主張しますか?」

筆者「えっ何それ?」

警官「落とし主が見つかった時に10%のを受け取る権利を主張するかどうするかです」
警官「どうしますか? 主張しますか?」

筆者「。。。。えっ、えっといやいいです」

警官「じゃあ、いらないんですね?じゃあここにサインしてください」
警官「あとここの権利を放棄しますってところにチェックして」
警官「これで持ち主にはあなたが謝礼を受け取る権利を放棄したことを伝えるので謝礼はありません」

筆者「ああ、はい。。」
警官「ではご苦労様でした」

あれ、なんか思ってたのと違う。。。。

筆者のイメージ

筆者「電車で携帯拾ったので届けに来ました」

警官「ありがとうね、じゃあここに名前と電話番号書いて」

筆者「ではこれで失礼します」


数日後

??「あの、携帯を拾っていただいた xxxx です」

筆者「見つかってよかったですね、携帯なくすと大変ですからね、気をつけてくださいね」

??「お礼の1割なんですが」

筆者「お礼なんて結構ですよ、では」

??「ではせめて菓子折りだけでも」


とかそんなやり取りがあるのかと思っていたりしたのですが

いや決してお礼が欲しいとかではないのですが

どうしてもお礼をしたいと言われたら少しくらいならと思わなくもない

けどそのためにはこのいかつい質問
「謝礼をもらう権利を主張しますか?」に対して Yes と言わなければならない

すると警察経由で持ち主に
「あなたの携帯を拾った xxxx さんは謝礼をもらう権利を主張されています」と伝えられ

持ち主から
「この携帯を拾った xxxx という奴は謝礼の権利を主張しているのか、ちっちぇぇ奴だな」
と思われながら謝礼を受け取ることになるのか

それは全然イメージと違う

そんなお礼をされたくて届けたわけではないし  

お礼なんてなくてもいいけどどうしてもというなら吝かではないくらいの気持ちで
お礼が欲しい気持ちが0という訳でもない微妙な感じなんだよ

いつからこんなことになったのか

昔財布を届けた時はこんなことはなかった気がするが
いつからこんなことになったんだろう

昔から?

ていうか
権利を主張しますか?って、もっと他の言葉ないの?

しかし落とし主視点ではこういったこともあるようです

togetter.com

これは確かに怖いですね

こちらの方の警察官から言われた言葉は筆者以上に嫌ですね

ameblo.jp

なんかもっといい方法ないのかな

携帯を落とした人がいて
悪意のある人に拾われて困らないように届けて
ちょっといいことしたなって気分に浸りたいだけなんだけどね